肌のトラブル、原因と処置のTOPに戻る




ほくろと癌

一般に「ほくろ」と呼ばれているものは「色素性母斑(しきそせいぼはん)」です。「母斑(ぼはん)」というのは、皮膚の先天的奇形です。異常を示す細胞の種類によっていろいろな種類に分類されます。ほくろは、メラニンをつくる色素細胞の異常でおこった母斑の一種です。母斑のなかには、色素性母斑のほかに、蒙古斑(もうこはん)や太田母斑(おおたぼはん)、および扁平母斑(へんぺいぼはん)があります。

ほくろは、先天性と後天性のものがあります。生まれたときからある先天性のもので、大型でしかも濃い毛がはえているものは「先天性色素母斑」とよばれます。一方、後天性のものは2〜3歳頃から次第に数がふえ、なかには生涯増え続ける人もいます。大きさは直径6〜7ミリメートル以下で、褐色または黒色のドーム状の隆起です。

ほくろはじめ、母斑については多くの場合、治療の必要はありませんし、肌のトラブルといえるものかどうかも問題ですが、美容上の理由から精神的外傷を避けるために皮膚を器械でうすく削って色を薄くする方法や化粧品によって隠す方法、ドライアイス圧抵法によるレーザー治療が行われることがあります。

注意すべきほくろ「黒色腫(こくようしゅ)」
半年以内で鉛筆の太さ以上(直径7ミリメートル以上)に、急速に大きくなったほくろや、周囲が不規則で黒い色が染み出したようにみえるほくろ、あるいはしみは注意が必要です。これは癌である可能性があるからです。放置しておくと、身体中に転移してしまう危険があります。ただし、早期発見ができれば手術で完全に治る癌です。



関連コンテンツ

発疹のない全身性のかゆみ

肌のトラブルは、必ずしも皮膚病によるものとは限りません。発疹はみられず、全身にかゆみがあるという場合、むくみや黄疸、全身の倦怠感など、そのほかの症状がないかどうかにも着目し、全身性の疾患の可能性も含め・・・

湿疹

湿疹(しっしん)は、皮膚炎(ひふえん)とあまり区別なく用いられる名称です。いずれもはっきりとした原因が不明の皮膚の炎症という程度で使われています。 おもに外的な刺激に対して皮膚が反応して炎症を起こし・・・

発熱と発疹を伴う場合

肌のトラブルという場合、たいてい発疹がみられます。ただし発疹が見られたからといって皮膚疾患が原因とは限りません。特に、発疹と発熱がともに見られる場合、全身性の疾患(内臓の疾患)が疑われることがあります・・・

皮膚がん

肌トラブルのなかでも最も恐ろしいもの、それは皮膚がんです。皮膚がんのなかでも最近、特に増えており、注目されているのが、「悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)」と呼ばれる癌です。「メラノーマ」とも呼ばれ・・・

かぶれ

接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)、すなわち「かぶれ」とは、外からのいろいろな物質が皮膚に作用して、その物質に対して皮膚が敏感に反応するようになると、次にその同じ物質が皮膚に接触して作用したときに・・・

乾癬(かんせん)

古来からさまざまな治療法がとられながらもこれといった方法がない肌トラブルに乾癬があります。 乾癬(かんせん)とは、境界がはっきりとした紅斑(こうはん)で、表面に銀白色のフケのような皮膚片がありま・・・

パッチテスト

外からのいろいろな物質が皮膚に作用して、その物質に対して皮膚が敏感に反応するようになると、次にその同じ物質が皮膚に接触して作用したときに、アレルギー反応を起こし、その部分に湿疹が出て、肌にトラブルが生・・・

発疹のない局部的なかゆみ

肌のトラブルの多くは、発疹です。そして発疹がある場合は、通常、かゆみが伴います。 しかし、なかには、発疹はないけれども皮膚がかゆいということがあります。このような場合、もちろん、皮膚科の領域の疾患と・・・

肌トラブルと全身疾患

皮膚がかゆい、発疹が出る、など、肌に何らかのトラブルがあったとき、通常、私たちはまず皮膚の病気を疑います。しかし実際には、内臓の疾患が原因で肌のトラブルを伴っているという場合が多いのです。 肌に・・・

主婦湿疹の治療と対策

20代頃から始まり、主に女性の利き手の指を中心にみられる肌のトラブルを、「主婦湿疹」あるいは、「進行性指掌角皮症(しんこうせいしょうかくひしょう)」と呼びます。過度の水仕事や外的刺激などによって、利き・・・

発疹の種類

肌トラブルとは、皮膚に何らかの変化が生じた状態と定義できます。多くは目に見える変化で、発疹(ほっしん)あるいは皮疹(ひしん)と呼ばれます。 この発疹が身体のどの部分に、どのように分布しているか、・・・