肌のトラブル、原因と処置のTOPに戻る




ジンマシン

蕁麻疹(ジンマシン)というのは、かゆみを伴った局部的な皮膚の浮腫(むくみ)と紅斑のことをいいます。短時間で、しかも跡を残さずに消えるのが特徴ですが、繰り返し起こることが多く、アレルギー性、非アレルギー性のいずれの原因も考えられます。

急性ジンマシンと慢性ジンマシンにわかれます。反復を繰り返す期間が1ヶ月以上にわたるものを慢性蕁麻疹、数日間以内におさまっていくものを急性ジンマシンとしています。

ジンマシンはアレルギー性と非アレルギー性のものがあり、アレルギー性というのは、ジンマシンの引き金となる物質が食物や薬剤として体内に取り込まれて抗原抗体反応を起こす結果、皮膚に存在する細胞に刺激をあたえて反応を起こすことで刺激やかゆみが生じるものです。
一方、非アレルギー性は、圧迫や摩擦、寒冷などの刺激が直接皮膚の細胞に作用し、同様の反応を起こしてジンマシンが生じると考えられます。その原因は、食物、薬剤、光線、接触、寒冷、温熱、機械的刺激(人工ジンマシン)などがあります。その他、心因性のものや、ストレスによって神経末端部からアセチルコリンが分泌されて生じるコリン性因ジンマシンなどがあります。

ジンマシンの場合、突然、境界がはっきりとした地図状や類円形の、皮膚よりもわずかに盛り上がった赤い腫れが生じます。一般に強いかゆみを伴いますが、ひっかいたりするとますます肌トラブルを悪化させます。しばらくすると最初の箇所の症状は落ち着きますが、また別の場所に同じような腫れが生じます。



関連コンテンツ

蕁麻疹(ジンマシン)の治療

かゆみを伴った局部的な皮膚の浮腫(むくみ)と紅斑が生じ、短時間で、しかも跡を残さずに消えるのが特徴の肌トラブルが生じた場合、ジンマシン(蕁麻疹)の疑いがあります。ジンマシンは、繰り返し起こることが多く・・・

あせも

夏の肌トラブルの代表的なものにあせもがあります。 「あせも」は、「汗疹(かんしん)」とも呼ばれ、汗の管(汗腺(かんせん))がつまっておきます。高温で発汗が多くなると起こりますので、室内など、環境の温・・・